愛犬の食事

アレルギー犬用
ドッグフードの成分
保管方法
安いドッグフードは駄目
安全なドッグフード
危険なドッグフード
キャットフードを与えたら?
人の食べ物を与えたら?
犬を観察する
年齢や犬種で変える?

犬にキャットフードは大丈夫?

犬を育てていると妙なものに興味を示して、喜んで食べだすということがよくあります。
犬は何を好んで食べるのかということはよく分からないものです。
飼い主も知らなかったようなものを好物として食べだすということがよくあります。
そういう食べ物の一つにキャットフードがあります。

犬というのはなぜかキャットフードが好きであることが多いです。
キャットフードを与えると喜んで食べだす犬が多いです。
どうしてキャットフードを犬が好むのかは分かりませんが、喜んでいる姿を見ると、どんどん犬に与えたくなる方がいるかもしれません。
しかし、キャットフードを犬にあまり与えすぎるのはよくないです。

そもそも犬と猫は食性が全く異なる生物なのです。
犬は雑食ですが、猫は肉食性です。
食性が異なるということは、当然のことながら、必要となる栄養素や成分なども異なってきます。

キャットフードには当然猫に必要となる栄養素や成分が多量に含まれています。
そして、犬に必要となる成分はあまり含まれていないでしょう。
そのため、犬にキャットフードを与えたとしても栄養に偏りが生じてしまうことになります。

犬はキャットフードを食べ続けることにより栄養のバランスが偏ってしまい、その結果健康を害してしまうということがあります。
少量だけを摂取するのであれば、それほど影響を与えないでしょうが、大量に与えてしまうと危険なので絶対にやめましょう。

例をあげると、猫は犬よりもタンパク質を多く必要とするので、当然キャットフードにはタンパク質がドッグフードに比べて多く入っています。
タンパク質というのは犬にとっても必要となる栄養素ですが、量を取りすぎると、結果として肝臓や腎臓に大きな負担をかけてしまうことになり危険なのです。
肥満の原因ともなってしまう可能性があります。

ではどうすればよいのかといえば、当たり前ですが犬にはドッグフードを与えましょう。
それが一番犬の健康にとっては良いことなのです。