愛犬の食事

アレルギー犬用
ドッグフードの成分
保管方法
安いドッグフードは駄目
安全なドッグフード
危険なドッグフード
キャットフードを与えたら?
人の食べ物を与えたら?
犬を観察する
年齢や犬種で変える?

安いドッグフードは駄目なのか

犬を飼っている人は、ドッグフードに関して気になる方は多いのではないでしょうか。
ドッグフードは様々なメーカーが色々な商品を販売しています。
それらは、独自の特色を持っていると宣伝されていますし、実際にも成分が異なっていたり、味が異なっていたりもします。

しかし、一番大きな違いといえば、値段の違いがあるでしょう。
ドッグフードの値段というのはピンからキリまであり、非常にまちまちです。
何でここまで幅があるのかと不思議に思っている方は多いと思います。
この違いは一体どこから来るのでしょうか。

それは原材料の違いから生じます。
ペットフードというのは人間の食べ物に比べて規制が緩いです。
そのため、安いペットフードの中には、死骸から得られた肉や、病気の肉、内臓などが使用されていることが多く、質が悪いのです。
ドッグフードによくある農薬・添加物も知っておくと良いでしょう。

さらに、それらの質の悪さをごまかすために塩分や糖分を付け加えることによって、本来の肉のうま味を感じられる味はあまりおいしくないことが多いです。
安いドッグフードの場合は、当然犬にとってもよいはずがありません。
吸収が悪く、その分余計に食べる必要が生じて、便もぱさぱさとした状態になることが多いです。

安いドッグフードをずっと食べ続けたらどうなるかというと、体調が悪くなってしまうことが多いです。
また、病気にかかってしまったり、特に成長期の犬の場合は死の危険にさらされてしまう可能性もあります。
アレルギー反応がでてしまうこともあり、良いことは一つもありません。

犬のためを思うのならば安いドッグフードを避けるようにしましょう。
人間もそうですが、健康的な状態にしたいのならば、良い食材を用いた食事をするのが一番良いのです。
それは犬にとっても同様なのです。

良いドッグフードで育てられた犬と、安いドッグフードで育てられた犬とでは明らかに異なります。
犬を大事に思う気持ちが強い方であれば、当然高いドッグフードを買い与えることになるでしょう。
とはいっても値段だけで全てが決まるわけではありません。
安くても安全なドッグフードもありますし、逆に高いのに危険なものもあります。
http://www.blogsndogs.com/kik.htmlに危険なドッグフードの見分け方が載っていますので、こちらを参考にして安心して愛犬にあげられるものを見つけてあげてください。