愛犬の食事

アレルギー犬用
ドッグフードの成分
保管方法
安いドッグフードは駄目
安全なドッグフード
危険なドッグフード
キャットフードを与えたら?
人の食べ物を与えたら?
犬を観察する
年齢や犬種で変える?

ドッグフードの成分

犬を育てる時には犬の健康状態を一番に気にする必要があります。
犬は人間よりも弱い生き物であるという認識を持ちましょう。
特に人間に飼われるようになってから犬は抵抗力なども落ちているので、人間がきちんと面倒をみることが前提の体になっています。
よって、犬の面倒はきちんとみてあげましょう。

犬の健康状態を作用するものとしては色々な要因を考えることができます。
室内で飼うのならばあまり気にする必要はないですが、屋外で飼うのであればきちんとした環境を用意してやる必要があります。
屋外で雨に打たれるような環境で飼うのは論外ですし、きちんとした犬小屋を用意してあげる必要があります。

そして、エサをきちんとあげることが大切です。
生き物ですから、犬が健康的に生活をできるようになるためにはエサをきちんとあげることが一番大切なのです。
そして、エサは基本的にはドッグフードを与えることになるでしょうが、そのドッグフードの質を意識する必要があります。

最近はペットフード安全法というものによって、犬や猫などに有害な影響を与えてしまう物質は規制されています。
それらの物質は一定の量以下でないと、ペットに与えてはいけないとされているのです。

しかし、ペットフード安全法を鵜呑みしてはいけません。
ペット安全法で量が規制されている物質の中には、人間にとっては完全に規制されているようなものが含まれているのです。
つまり、ペットに対しての方が基準が甘くなっているのです。

なぜこのようなことになっているのかというと、日本で販売されているペットフードというのはほとんどが外国産なので、外国の基準に合わせてペットフード安全法も基準を設けてしまっているのです。
よって、自分たちの力でドッグフードの成分を確認して、なるべく犬が安全に暮らすことができるように、ドッグフードの中身を安全なものだけを犬に与えるようにしましょう。
添加物を含んでいるタイプは安くあまり良くないので、無添加のドッグフードの中から選ぶようにしてあげると良いでしょう。

中には市販のものではなく、手作りしてワンちゃんにあげている方もいます。
手作りドッグフードの作り方がこちらに載っていますので試してみてはいかがですか?
手間はかかりますが、何が含まれているかわからないものより安全であることは間違いないでしょう。
これを怠ることによって犬が危険な状態にさらされるようなことが合ってはいけないのです。
http://www.humanlikeyou.com/にドッグフードの種類と比較的安全なドッグフードについてかいてありますのでご覧ください。