愛犬の食事

アレルギー犬用
ドッグフードの成分
保管方法
安いドッグフードは駄目
安全なドッグフード
危険なドッグフード
キャットフードを与えたら?
人の食べ物を与えたら?
犬を観察する
年齢や犬種で変える?

犬を観察する

日本は昔から犬と共に生活をしてきました。
犬をペットとして飼う習慣は大昔からありますし、犬の方も人間によく懐いて、人間と一緒に生活することが楽しいと感じるように進化してきました。

現代では世界中に犬を飼っている方がいますが、当然日本でも犬を飼っている人は大勢います。
日本に古来からある犬を飼っている人や、外国から輸入されてきた犬を飼っている人など様々です。

犬を育てる場合には、色々なことを気にする必要があります。
ドッグフードなど普段の食事をどうするのか、犬の健康状態は大丈夫かなど心配は尽きないでしょう。

犬を健康的に育てたいのであれば何が一番大切なことなのでしょうか。
それは、犬をよく観察することです。
犬を毎日じっと観察することによって、あなたが飼っている犬がどういう犬なのかを理解することができます。
そして、あなたの飼っている犬が普段と違う行動やしぐさをすれば、すぐに気が付いてあげられるようになりましょう。

たとえば、ドッグフードには種類によってはあまり犬に好ましくないような成分が含まれている場合があります。
あるいは、犬がそのドッグフードに対してアレルギー反応を示すこともあります。
人間に起こる様々な症状は犬にも大抵の場合は同様の症状を表します。
当然のことながらアレルギー反応というのは犬であっても起こる可能性は高いのです。
添加物を使用しない、無農薬・有機栽培でできたドッグフードがhttp://www.letthemserve.com/で紹介されています。

犬をよく観察していれば、たとえばあなたがあげたドッグフードを食べた後に妙な行動にでたとしてもすぐに気が付いてあげることができます。
犬はしゃべることができませんし、体調が悪かったりしても自分からそれを伝えることはできません。
それらは飼い主の方が犬をよく観察して察してあげなければいけないのです。
それが飼い主としての役割りですし、犬を飼うのであれば、当然その責任を負う必要があるのです。

動物の健康状態を観察できる一番一般的な方法は排泄物を観察することです。
普段から犬の排泄物を観察していれば、何かドッグフードなどで問題があったとしても、排泄物を見ることによってすぐに判断をすることができます。