愛犬の食事

アレルギー犬用
ドッグフードの成分
保管方法
安いドッグフードは駄目
安全なドッグフード
危険なドッグフード
キャットフードを与えたら?
人の食べ物を与えたら?
犬を観察する
年齢や犬種で変える?

安全なドッグフードの特徴

近年は人間だけでなくペットに対しても安全性ということが注目をされるようになりました。
人間と同様にペットであっても安全に生きるべきだという考えが浸透しているのです。

犬を飼っている人は日本人の中でも多くの人が存在しているでしょうが、自分の飼っている犬が健康的に生きてほしいと願うのは飼い主としては当然のことでしょう。
犬が健康に生きるためにはやはりドッグフードが一番気にかかることでしょう。
エサの安全性がしっかりとしていないと、犬が健康的な生活を送ることができるはずがないからです。
犬の安全のためにはドッグフードに気を使うのは当然のことなのです。

ペットのエサに関しては、様々な運動が世界中で行われています。
こちらにも http://familyfunsoftware.com/書いてあるように、その結果として犬に対して危険だと考えられるような成分を含んでいるドッグフードを規制するような動きが出ていますが、まだまだ発展途上であり、完全であるとは言えない状況が続いています。

例えばドッグフードには酸化防止剤や保存料などが使われていることが多いです。
これによって、ドライフードなどは長期間保存をすることができるのですが、その反面、長期間保存をするために犬に害を与える可能性のある成分が含まれていることが多いのです。
特に合成添加物などが含まれているのは注意が必要なのです。

酸化防止剤を加えることによって、エサが腐りにくく、長期の保存に耐えられるようになったということは事実です。
しかし、それによって、犬の健康が脅かされるのであれば、あまり意味のあることとは言えないのではないかと思います。

ドッグフードに関しては、人間がきちんと保管をするように努力をすれば、保存料や酸化防止剤を無理やり合成添加物を入れることによって使用する必要もなくなるでしょう。
どのような成分が犬にとって危険であるのかなどのデータは調べれば見ることは可能です。
そういうデータと照らし合わせることによって、ドッグフードなどを購入する時は安全に気を使いましょう。
ドックフードの悪徳業者にご注意ください!