愛犬の食事

アレルギー犬用
ドッグフードの成分
保管方法
安いドッグフードは駄目
安全なドッグフード
危険なドッグフード
キャットフードを与えたら?
人の食べ物を与えたら?
犬を観察する
年齢や犬種で変える?

年齢や犬種によってドッグフードは変えるの?

犬を育てていると色々と気になることがあります。
それは犬の世話に関することが一番多いでしょう。
飼い主には犬を健康的に育てなくてはいけない義務があるので、それを守るためにも、犬に関して色々と心配をする必要があるのです。

犬を育てる際に一番困ってしまうことといえば、それはドッグフードに関することでしょう。
毎日犬にエサとして与えることになるドッグフードなのですが、これは犬の年齢や犬種によって変えた方がよいのかどうかは悩みの種になっている方は多いのではないでしょうか。
人間の場合は、食べる量が異なるぐらいで、どの年齢であっても食べるものは同じです。
犬の場合はどうなのでしょうか。

基本的には、年齢に関しては変える人もいれば、飼えない人もいるということです。
また、どちらの方が正しいのかは一概に言うことができないです。
愛犬の年齢でドッグフードを買える飼い主さんは年齢別に考えられたドックフードが売っていますのでそういった商品を買っているようです。
また犬種によっては、他の犬種よりもある成分を多く摂る必要があったりしますのでそういった場合には犬種別のドッグフードをあげるようにしましょう。

犬というのは元々は野生で生きてきた動物です。
その頃は自分たちで狩りをして生活していたわけですから、子犬用のエサや成犬用のエサなどが分かれていたはずはありません。
どちらも同じエサを狩りをして得ていたはずです。
よって、食事の量を増減させることによって調節してきたはずです。

基本的にはどのような年齢であったとしても犬が必要となる栄養素や成分には違いがないので、バランスよく食事を与えるようにすればよいでしょう。
一つ気を付けて欲しいのは、基本的に子犬の方がより多くの食事量を必要とするということです。
成犬になった後は、子犬の時よりは食事量を減らすようにしましょう。
これは人間に関しても同じですね。

また、犬種の違いに関して説明すると、ドッグフードを販売しているメーカーの方も、犬種ごとにドッグフードを販売するようになっています。
しかし、犬種の違いに関してはそれほど気にする必要はないでしょう。
ただし、犬種ごとにかかりやすい病気というのは存在しているので、それを予防するためのものがあるのであれば、それを犬に食べさせると良いでしょう。